M&Aの目的とメリット|メリットだらけの駐車場経営|失敗を恐れず挑戦しよう

メリットだらけの駐車場経営|失敗を恐れず挑戦しよう

積み木

M&Aの目的とメリット

握手

M&Aの目的

M&Aとは企業買収や合併を意味します。企業買収と合併は結果として同じ意味を示すも、ニュアンスとしては大きな違いがあります。買収は企業を買取り、傘下に収めるなどのニュアンスがあり、合併は同じビジネスで協力し合い、異なる企業が手を組むというニュアンスになります。合併比率が対等である場合は合併であっても、合併比率に差が出た場合は持ち株割合が高い企業が経営権において優位となり、事実上の企業買収と考えても良いでしょう。M&Aにより事業拡大することが市場の競争力を高める効果が期待されています。また、中小企業の問題として後継者がいないことが企業の存続の問題にまで発展し、これを回避する目的としてM&Aが行われることがあります。

M&Aのメリットとは

M&Aのメリットについてお話します。M&Aは主に合併比率が高い企業が低い企業を買収することが多いのですが、買収される企業のデメリットが大きいかと言えば、必ずしもそうとは限りません。企業買収前は、事業展開が大きい企業が同じエリアや同じジャンルのビジネスで市場でのペースを握り、敵対会社として経営も厳しくなります。合併後に2社が1社となると、今まであった市場競争がなくなり、自社の企業規模が大きくなると市場での競争力優位になります。売り上げや財務力を拡大することで、さらにM&Aを進めることも可能で、異なるビジネスジャンルに進出も可能となります。これにより、リバランスを図ることが可能で、安定した経営が可能となります。